【仙台】MF三田、清水戦へ必勝誓った「自分たちの方向性が決まる」

2017年10月20日21時45分  スポーツ報知
  • 清水戦へ闘志を燃やす仙台・三田

 J1ベガルタ仙台MF三田啓貴(27)が、次戦21日のホーム・清水戦(午後2時、ユアスタ)で必勝を期した。

 20日に仙台市内で行われたミニゲームでは、ボランチで攻守に奮闘した。仙台は現在、勝ち点35の12位。残留争いから抜け出せない14位・清水との勝ち点差は6で、J2降格圏の16位・広島とは8差。清水に勝って今季3度目の3連敗を回避し、残留決定を引き寄せたいところだ。

 三田は清水戦へ「相手は残留争いをしている。勝つか勝たないかで、ポイントの差が変わってくる。自分たちの方向性がこの試合で決まる。勝ち点3を取りたい」と気合十分。下を気にせず、最後まで上を目指して戦うためにも、21日はホームで白星をつかむ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ