【仙台】MF野津田「不思議な感覚」古巣・清水戦で両軍最多シュート5本

2017年10月21日22時8分  スポーツ報知
  • 古巣の清水戦で両軍最多5本のシュートを放った仙台・野津田

 ◆明治安田生命Jリーグ J1第30節 仙台0―0清水(21日・ユアテックスタジアム仙台)

 ベガルタ仙台MF野津田岳人(23)が、両軍最多のシュート5本を放つなど、積極的に清水ゴールに迫った。

 清水は今季、約2か月半前まで所属していた古巣。対戦を終え、清水サポーターのもとへあいさつに行くと、大きな拍手を受けた。「不思議な感覚。楽しかった。清水の応援もいいなと感じた」と、試合を振り返った。

 シャドー(下がりめのFW)で奮闘も、2試合連続ゴールはならず、試合も引き分け。「相手は引いて守ってきたけど、崩せなかったのは残念。(自分も)決めるチャンスはあったが、力が入ってしまった。もっと冷静に打てれば良かった」と、悔しそうだった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ