【清水】デュークが全体練習合流 札幌戦出場へ

2017年11月14日17時7分  スポーツ報知
  • 全体練習に合流したデューク(手前左)

 J1清水エスパルスのFWミッチェル・デューク(26)が14日、約10日ぶりに全体練習に合流した。右足親指の付け根を痛めていたが、フルメニューを消化しており、18日の札幌戦(アイスタ)にも間に合う見込みだ。

 弾むような軽快な動きを見せた。「痛みは多少あるけど、我慢できる。自分の感じもいいし、スタート(先発)で行けるチャンスをもらえるようにアピールしたい」。プレーに支障はなく、持ち味の力強い突破を見せられそうだ。

 札幌に勝利し、同日、広島が神戸に敗れると、J1残留が決まる重要な一戦。「モチベーションは高いし、勝ち点3を取れる自信を持っている」。試合終盤になっても献身的にボールを追うことができる助っ人は攻守に心強い存在になりそうだ。

 また、この日は10月30日のサテライトリーグ・湘南戦で左内転筋を痛めたDF角田と体調不良のMF杉山も合流。一方、11日の中京大戦で左足首を痛めたFWチアゴ・アウベスは別メニュー。「痛みはないけど、試合は分からない」と札幌戦出場は微妙な状況となった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ