【G大阪】遠藤、来季残留に前向き「またタイトル争いができるように」

2017年11月15日16時53分  スポーツ報知
  • G大阪・遠藤

 G大阪の元日本代表MF遠藤保仁(37)が15日、大阪・吹田市内での練習後、来季の残留に前向きな姿勢を示した。

 「クラブとも(契約が)あと1年残っている。(来季は)またタイトル争いができるように、いいコンディションで戦いながらやっていければ」と、無冠に終わった今季の雪辱を誓った。

 来季は元C大阪監督のレヴィー・クルピ氏(64)の就任が確実になっている。「新しい刺激を受けるのは非常にいいこと。サッカー人生の中でも、いろんな人に出会って、いろんな戦い方やサッカーを学んでいくのは一つ楽しみではある」と、名将との共闘を心待ちにした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ