【浦和】興梠、勝負強さにチームの成長感じた

2017年11月26日0時25分  スポーツ報知
  • サポーターに手を振る浦和の興梠

 ◆アジア・チャンピオンズリーグ ▽決勝第2戦 浦和1―0アルヒラル ※2戦合計2-1で浦和が優勝(25日・埼玉スタジアム)

 ACLを制覇した浦和のFW興梠慎三(31)が、勝負強さ見せたチームの成長を口にした。チームはアルヒラル(サウジアラビア)の攻撃をしのぎ、10年ぶりにアジア王者に輝いた。

 05~12年までは常勝軍団・鹿島に所属していた興梠は「今日は相手の方が攻撃力が高かった。激しいプレーをしてくるので難しいとは思ったけど0に抑えれば勝てるので。内容に納得はいってないけど、それがレッズに足りなかったもの。タイトルを取れそうで取れなかったから」と振り返った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ