【横浜M】柏MF大津獲得が濃厚に 新監督は「まだ交渉段階」

2017年12月3日5時45分  スポーツ報知

 横浜Mが柏の元日本代表MF大津祐樹(27)を獲得することが2日、濃厚になった。9月に右膝前十字じん帯を損傷した主将のMF斎藤学(27)が来季開幕も間に合わない見込みで、今季5位からのステップアップを見据えた攻撃陣の補強が急務となっていた。

 大津はサイドMFを本職とし、センターFWやトップ下でもプレー可能。2011~14年までドイツやオランダでプレーし、12年ロンドン五輪では3ゴールを挙げ4強入りに貢献した。今季は負傷の影響もあり16試合1得点にとどまっており、出場機会を求めていた。古川宏一郎社長(42)は今季限りで退任するエリク・モンバエルツ監督(62)の後任について、「遅くとも年内には決めたい。まだ交渉段階」と語るにとどめた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)