【広島】ヨンソン監督が退任、残留達成し「うれしく思っています」

2017年12月4日12時25分  スポーツ報知
  • ヤン・ヨンソン監督

 広島は4日、今年7月から指揮を執ったヤン・ヨンソン監督(57)の退任を発表した。成績不振で辞任した森保一前監督(49)の後任として7月30日の鳥栖戦から采配を振るったヨンソン監督は、16試合の采配で6勝6敗4分けの成績を残し、15位でのJ1残留に成功。しかし16位甲府と勝ち点1差というきわどい残留だったこともあり、契約満了での退任となった。新監督は未定。

 ヨンソン監督「J1残留を使命として戦ってきましたが、それが達成できたことをうれしく思っています。これからクラブは新しい社長、新しい監督を迎え、新しい道を進むことになりますが、今後のさらなる発展、活躍を祈っています」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)