【仙台】西村、来季は「とにかくゴールを」「来年はやってやります」

2017年12月7日7時10分  スポーツ報知
  • パス練習をする西村(右)を見つめる渡辺監督(左)

 J1ベガルタ仙台FW西村拓真(21)が6日、来季に向けて「結果にこだわる」と闘志を燃やした。

 今季は17試合に先発し、レギュラーに定着したが、2得点に終わった。「とにかくゴールを。チームを勝ちきらせること、結果で成長したことを見せる」と躍進を誓った。

 この日は仙台市・泉サッカー場で約1時間、素早いパス回しをテーマに汗を流した。渡辺晋監督(44)から「ミスを恐れるな! 蹴る時間を短く!」などと指示を受けながら練習に励んだ西村は「細かいパスは課題でもあるので、精度を高めていきたい」と気を引き締めた。

 今季はルヴァン杯でクラブ初のニューヒーロー賞を獲得したことに加え、「タグホイヤー・ヤングガンアワード」の、今年の11人にも選ばれた。「高いレベルの同世代の選手たちと受賞できて刺激になり、燃えますね。来年はやってやります」と言葉に力を込めた。(小林 泰斗)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ