【横浜M】斎藤「どうやって強くなっていくかイメージが描けない」契約更改でバッサリ

2017年12月13日6時0分  スポーツ報知

 横浜Mの主将で元日本代表のMF斎藤学(27)が12日、横浜市内で来季に向けた契約更改に臨んだ。斎藤はクラブに評価方法の改善や早急な新監督決定などを訴え「どうやってチームが強くなっていくのか、イメージが描けなかった」と不信感に近いような感情をにじませた。

 斎藤は「10番、キャプテンとして責任感を持っていろいろな経験ができたことは大きかった」と今季を振り返りながらも、「強化部と選手との間で(各選手の)評価に差がある。明らかに自分とは考えが違う」とバッサリ。来季監督が未定の状態での契約更改になったことにも「補強やスタッフ、戦術のことは監督が決まらないと具体的なことが何も話し合えない。今年頑張ってきたことがゼロになるかもしれない」と不満を口にした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ