【名古屋】元ブラジル代表FWジョーが加入、移籍金14.8億円 地元紙報じる

2017年12月24日5時20分  スポーツ報知
  • コリンチャンスの元ブラジル代表のFWジョー(ロイター)

 来季からJ1に昇格する名古屋が、元ブラジル代表のFWジョー(30)=コリンチャンス=の獲得を進めていることが21日、分かった。

 地元紙「グロボ」によると、約1100万ユーロ(約14億8000万円)の移籍金で、ドイツ、イタリア、中国クラブとの争奪戦を制した模様。交渉は既に最終段階で、26日のメディカルチェックを経て正式契約を結ぶ見込みだ。

 強烈な左足シュートが持ち味で、マンチェスターCやエバートンなどを渡り歩き、コリンチャンスに復帰した今季はランク首位の18得点で、2年ぶりの優勝に貢献。MVPにも輝き、地元では代表復帰を期待されている。

 名古屋は今季から就任した風間八宏監督(56)が攻撃的サッカーを構築し、リーグ断トツの85得点。1年でのJ1昇格に成功し、さらに攻撃強化を図る。13年のコンフェデ杯の日本戦で代表初得点を記録し、14年ブラジルW杯メンバーにも選出された。来シーズンの主役候補になりそうだ。

 ◆ジョー 1987年3月20日、ブラジル・サンパウロ州生まれ。30歳。2003年にコリンチャンスでキャリアをスタート。CSKAモスクワ、マンチェスターC、エバートンなどを渡り歩き、17年から再びコリンチャンスでプレー。今季は18得点でMVPと得点王。07年6月にA代表デビューし、08年北京五輪では銅メダル獲得に貢献。14年ブラジルW杯メンバー。191センチ、77キロ。左利き。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ