【高校サッカー】米子北、県勢25年ぶり&同校初の8強入り

2018年1月4日7時0分  スポーツ報知
  • 後半、ゴールを決めた坂田(左から3人目)を祝福する米子北イレブン

 ◆第96回全国高校サッカー選手権大会 ▽3回戦 米子北3―0一条(3日・等々力陸上競技場)

 3回戦8試合が各地で行われ、8強が出そろった。5日に準々決勝4試合が行われる。

 米子北は後半3分、MF坂田の今大会2点目で先制し、鳥取県勢25年ぶりとなる同校初の8強入りをたぐり寄せた。坂田は「前半は守備をして、後半相手が疲れたところを狙う戦術でした」。4日間3試合目も、試合翌日の2時間砂浜ダッシュで鍛えた走力で3発快勝に貢献した。

 2000年に生まれ、羽ばたけとの思いを込め「二千翔(にちか)」と命名された。県勢初の4強入り、そして初優勝へ。「羽ばたく? そうですね」と気合を入れていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ