【C大阪】杉本、ルヴァン杯決勝の再現ゴールで勝つ!

2018年2月10日6時0分  スポーツ報知
  • 練習で笑顔を見せるC大阪の杉本(中)(左は松田、右は水沼)

 今季最初の国内公式戦となる富士ゼロックス・スーパー杯で10日に昨季のJ1王者・川崎と天皇杯王者・C大阪が激突する。9日は両チームとも試合に向け調整。川崎は昨季J1得点王のFW小林悠(30)が“V弾”を誓った。C大阪はFW杉本健勇(25)が昨年11月のルヴァン杯決勝の再現を宣言し、両ストライカーが火花を散らした。

 C大阪のFW杉本が、ルヴァン杯決勝の再現ゴールで勝利をたぐり寄せる。昨年11月に同じ場所で同じ相手と行われた一戦は、開始47秒で決勝点となる得点を決め、初のタイトルをもたらした。チャンピオン同士として再び相まみえることになり「ルヴァンでは勝ったけど、チャレンジャーの気持ちでいきたい。前の選手が点を取った方が勝つ」と一発にこだわる。

 昨年末に左足首の手術を行ったが、リハビリの成果もあって順調に回復。自身も短期目標として掲げていた2・10での復帰がかない「間に合って良かった」と胸をなで下ろした。4日に打ち上げた宮崎キャンプ後には、長く伸ばしたあごひげともみあげをきれいにカット。より爽やかさが増した表情で「大事な試合になるし、しっかり結果として勝てるようにしたい」と必勝を誓った。(筒井 琴美)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)