Jリーグ53クラブの選手がタイトルパートナーの明治安田生命保険相互会社を表敬訪問

2018年2月15日12時38分  スポーツ報知
  • J53クラブの選手たちがタイトルパートナーを務める明治安田生命保険相互会社を表敬訪問し、名古屋FW佐藤(中央)が決意表明

 Jリーグ53クラブ(C大阪のみACLアウェー戦のためスケジュールの関係で参加できず)の選手が15日、同リーグのタイトルパートナーを務める明治安田生命保険相互会社を表敬訪問した。53クラブの代表各1人ずつが東京都千代田区の同社を訪れた。

 同社の根岸秋男・取締役代表執行役社長があいさつ。「2018年シーズンが飛躍の年にならないといけない」とメッセージを送った。同社の女性従業員が、女性のJリーグファン増加や全社的に盛り上げるため設立した「Jリーグ女子倶楽部」による激励が行われる場面も。最後に選手を代表して名古屋FW佐藤寿人が「今シーズンはもっともっと多くの方々にJリーグを楽しんでいただけるよう、がんばりたい」と決意表明した。

 各チームの参加者は次の通り。

 ▼J1 荒野拓馬(札幌)、野津田岳人(仙台)、三竿健斗(鹿島)、槙野智章(浦和)、中村航輔(柏)、太田宏介(F東京)、小林悠(川崎)、天野純(横浜M)、高山薫(湘南)、松原后(清水)、桜内渚(磐田)、佐藤寿人(名古屋)、遠藤保仁(G大阪)、小川慶治朗(神戸)、柏好文(広島)、田川亨介(鳥栖)、高杉亮太(長崎)

 ▼J2 松岡亮輔(山形)、佐藤祥(水戸)、広瀬浩二(栃木)、大前元紀(大宮)、近藤直也(千葉)、井上潮音(東京V)、井上裕大(町田)、イバ(横浜C)、堀米勇輝(甲府)、前田大然(松本)、加藤大(新潟)、清原翔平(金沢)、小野悠斗(岐阜)、染谷悠太(京都)、大竹洋平(岡山)、坪井慶介(山口)、佐々木匠(讃岐)、大屋翼(徳島)、丹羽詩温(愛媛)、駒野友一(福岡)、巻誠一郎(熊本)、後藤優介(大分)

 ▼J3 今関耕平(盛岡)、前山恭平(秋田)、石堂和人(福島)、大久保哲哉(群馬)、中西規真(YS横浜)、川口能活(相模原)、阿部伸行(長野)、佐々木陽次(富山)、浅田大樹(藤枝)、大西勝吾(沼津)、加藤潤也(鳥取)、小谷健悟(北九州)、赤尾公(鹿児島)、朴一圭(琉球)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ