【浦和】新監督に鹿島で3連覇のオリヴェイラ氏

2018年4月9日6時0分  スポーツ報知
  • 浦和の次期監督候補に浮上した元鹿島監督のオリヴェイラ氏

 J1浦和の新監督に鹿島で3連覇した実績があるブラジル人のオズワルド・オリヴェイラ氏(67)の就任が確実になったことが8日、分かった。関係者の話を総合すると、合意に達し、詳細を詰めているという。

 オリヴェイラ氏は、昨年9月から強豪アトレチコ・ミネイロを率いていたが、2月に地元メディアなどとの確執もあり解任され、現在はフリー。浦和からのオファーを受けることを決意したという。今季いっぱいの契約で、成績次第で延長オプションが付く模様だ。

 オリヴェイラ氏は07年に鹿島の監督に就任すると、1年目から3年連続J1制覇。天皇杯は07年度、10年度に優勝、ナビスコ杯(現ルヴァン杯)も最終年の11年に制し、日本の主要タイトルを6つ獲得した。ブラジルでも、コリンチャンスを率い、00年の第1回世界クラブ選手権(現クラブW杯)優勝に導いた。

 浦和は2日に堀孝史前監督を解任。育成ダイレクターの大槻毅氏が暫定的に指揮し、7日の仙台戦で今季リーグ初勝利を挙げていた。この日は8年ぶりに浦和に復帰し、GMに就いた中村修三氏が、後任監督については「短い期間で結果を出せる実力者。今月中に決めたい」と話していた。

 ◆オズワルド・オリヴェイラ 1950年12月5日、ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。67歳。サッカー選手としての経歴はなく、大学卒業後、フィジカルコーチとして指導者の道へ入る。99年、名門コリンチャンスの監督に就任し、翌2000年の第1回世界クラブ選手権(現クラブW杯)を優勝した。07年から5シーズン鹿島の監督を務めた後、ボタフォゴ、サントス、パルメイラス、コリンチャンスなどを指揮した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)