【金沢】柳下監督不在で2点差追い付く奮闘も…終了間際V弾許し13位に後退

2018年5月3日21時44分  スポーツ報知
  • 金沢・柳下監督がベンチ入りできず、新潟戦は関ヘッドコーチが代行で指揮を執った

 ◆明治安田生命Jリーグ J2第12節 新潟3―2金沢(3日・石川県西部緑地公園陸上競技場)

 ツエーゲン金沢は、ホームで新潟に競り負け、今季2度目の連勝はならなかった。順位は9位から13位に後退した。

 柳下正明監督(58)にとっては古巣との対戦だったが、前節4月28日のアウェー・岐阜戦(1〇0)で審判への猛抗議で退席処分となり、この日はベンチに入れず。関浩二ヘッドコーチ(45)が監督代行として指揮を執った。

 前半は新潟に押され、12分にFWターレス(22)、29分にはFW河田篤秀(25)に決められ2点をリードされた。

 それでも後半29分、MF藤村慶太(24)の精度の高い左CKから新潟のオウンゴールを誘い、1点を返すと、37分には途中出場のFW佐藤洸一(31)が同点ヘッドを決め、試合を振り出しに戻した。

 勝ち越しを狙って攻め続けるも、逆に終了間際の44分、新潟のルーキーMF渡辺新太(22)に決勝の右足弾を許した。

 関監督代行は「前半はボールを持っても、自信を持ってボールを動かせていなかった。後半になって、サイド攻撃から追い付くことができたが…。惜しい試合を落としてしまった」と、険しい表情で振り返った。

 前半43分から出場し、左サイドから攻撃に勢いをもたらしたDF沼田圭悟(27)は「監督がいないからこそ、もっと積極的にいかないといけなかった」と、反撃及ばず反省を口にした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)