オークランドシティが来日、5度目クラブW杯のDF岩田「最後だと思ってがんばりたい」

2016年11月30日23時41分  スポーツ報知
  • 羽田空港に来日したオークランドシティの選手たち

 サッカーのクラブW杯(8日開幕)にオセアニア代表として出場するオークランドシティ(ニュージーランド)が30日、羽田空港に来日した。同クラブに2012年から在籍し、5度目のクラブW杯に挑むDF岩田卓也(33)は「自分もいつ引退するかわからない年齢。今回が最後だと思ってがんばりたい」と意気込んだ。

 チーム在籍5年目の岩田。チームメートからの信頼も厚い。同クラブで10番を背負う南アフリカ出身のFWライアン・デブリーズ(25)は「私がチームに初めて合流した時、1番に話しかけてくれたのが岩田選手だった。チームにたくさんの笑いをもたらしてくれる。本当に信じられないくらい素晴らしい選手です」と頼れる先輩について笑顔で語った。

 同クラブは6年連続8度目の出場。8日に開催国代表のJリーグ王者と開幕戦を戦う。岩田はまだ対戦相手が決まっていないことを前置きした上で、「浦和はサポーターも多いし、大声援の観客の中でプレーしてみたい気持ちはありますね」とコメントした。普段は収容人数3000人強のスタジアムを本拠地としていることもあり、大歓声の中でのプレーを心待ちにした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)