ハリル監督に朗報!内田篤人が三重苦乗り越え2年ぶりベンチ入り

2017年4月18日6時0分  スポーツ報知
  • ダルムシュタット戦でベンチ入りしたが出番はなかったシャルケの内田(右=共同)

 ◆ブンデスリーガ第29節 ダルムシュタット2-1シャルケ04(16日、ダルムシュタット)

 右膝の手術を受けて長期離脱していたDF内田篤人(29)=シャルケ04=が16日、アウェーのダルムシュタット戦でベンチ入りした。試合出場はなかったが、ドイツ1部のリーグ戦では2015年4月11日、フライブルク戦以来、約2年ぶりのベンチ入り。今回のベンチ入りでは戦闘態勢にあることを示し、5月下旬からの日本代表海外組合宿の判断次第では、6月に日本代表に復帰する可能性も見えてきた。試合は1―2で敗れた。

 内田が完全復活へ向け、確かな一歩を踏み出した。ダルムシュタット戦で国内リーグ戦では15年4月11日、フライブルク戦以来、約2年ぶりのベンチ入り。「いつぶり(のベンチ入り)か、もう覚えていない。入れて良かった」と優しい笑みを浮かべ、「監督も試合ができると思っているということだから」と続けた。リーグ戦のピッチには立てなかったが、その表情は明るかった。

 15年6月に右膝の手術を受け、長期離脱を余儀なくされた。腱(けん)が骨化する症状で痛みが引かず、全治6か月の診断は大幅に遅れた。あらゆる治療法を試したが、回復に向かわない時期が長く続いた。ようやく光が差し込んだのは昨年5月。古巣の鹿島で「自分の感覚に近い」というトレーナーと出会い、リハビリを開始した。その後、目に見えてピッチが近づいていった。

 昨年12月、欧州リーグ(EL)1次リーグ・ザルツブルク戦で約10分間プレーし、実戦復帰。今年3月にはチャリティーマッチに出場した。ただ、ELは消化試合。勝ち点のかかった試合で招集されたのは今回が初めてだ。この間、内田は「もう大丈夫」と主張したが、再発を防ぎたい医療チームやバインツィール監督は慎重。ストレスも感じたが、今回のベンチ入りで本人の感覚だけではなく、医療、フィジカル、戦術など多角的に見ても戦える状態が整ったといえる。

 3月下旬には練習試合に出場。リバウンドがないことも確認し、チームの練習もすべてこなしている。「先発は狙っているけど、タイミングがある。投げ出さずにしっかり。もし、監督から90分行けと言われたら、行く」と内田。試合勘や連戦に耐えられるかなど今後確認すべきことはあるが、復帰を待ち望んでいる日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)にとっても朗報になったはず。昨年5月には、ハリル監督の要望でキリン杯(6月)に向けた海外組合宿(千葉県内)に参加するなど、代表への思いは変わらない。5月下旬から6月上旬にかけて行われる、W杯アジア最終予選イラク戦(6月13日、イラン・テヘラン)へ向けた海外組合宿で状態を確認し、同戦へ向けたメンバーに招集される可能性もある。

 ◆内田の負傷経過

 ▼14年2月9日 ハノーバー96戦で負傷。

 ▼同16日 帰国後、都内の病院で右太ももの肉離れ、腱(けん)の損傷と診断。

 ▼5月27日 日本代表のキプロス戦で実戦復帰。

 ▼6月 完治しないままブラジルW杯1次リーグ全3試合にフル出場。

 ▼8月23日 右膝痛でドイツ1部開幕戦を欠場。

 ▼9月23日 ブレーメン戦で復帰。

 ▼15年1月 右膝痛でアジア杯の日本代表を辞退。

 ▼3月10日 欧州CLのRマドリード戦で途中出場。症状が悪化、再離脱。

 ▼同31日 日本代表のウズベキスタン戦に出場。

 ▼6月8日 都内の病院で右膝蓋腱(しつがいけん)の手術を受け、復帰まで6か月と診断。

 ▼16年1月17日 シャルケ04の全体練習に復帰。

 ▼10月4日 ドイツでMRI(磁気共鳴画像)検査。経過良好。

 ▼12月8日 欧州リーグ・ザルツブルク戦で公式戦に618日ぶり復帰。

 ▼同下旬 リーグ中断期間の休暇を利用して帰国。MRI検査で異常なし。

 ▼17年1月10日 練習試合で45分出場してアシスト。

 ▼同14日 練習試合を内転筋痛で回避。リスクを避けるための欠場。

 ▼3月23日 2部ハノーバー96とのチャリティーマッチにフル出場。

 ▼4月16日 ダルムシュタット戦で約2年ぶりにベンチ入りも出場機会なし。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)