マインツ武藤が今季3点目「次の代表でも結果を残さないと」

2017年10月2日7時0分  スポーツ報知

 ◆ブンデスリーガ第7節 ヴォルフスブルク1―1マインツ(30日・ヴォルフスブルク)

 【アウクスブルク(ドイツ)9月30日=本田千尋】日本代表MF香川真司のドルトムントは30日、敵地でアウクスブルクに2―1で勝利した。香川は決勝弾を決めて勝利に貢献。ドイツ1部通算38得点とし、日本人最多記録を塗り替えた。同代表FW武藤嘉紀のマインツは敵地でヴォルフスブルクと1―1。3戦連続先発の武藤は、後半29分に今季3点目。

 0―1で迎えた後半29分、右クロスに頭で合わせて今季3点目。フル出場で勝ち点1に貢献したが、決定的なチャンスを外す場面もあり「1点取ったからOKではなく、さらに取り続けないといけない」。10月の親善試合で、ハリル監督は「チャンスを与えたい」と話している。「ここでアピールしないといけない。次の代表でも結果を残さないといけない」と闘志を燃やしていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ