【W杯予選 欧州】スコットランドなど3チーム激戦2位争い、直接対決制するのは?

2017年10月5日22時0分  スポーツ報知
  • 練習するイングランド代表のハリー・ケイン(ロイター)

 ◆ロシアW杯欧州予選(5日・各地)

 残り2試合で佳境の欧州予選は、5日(日本時間6日未明)にC組、E組、F組の9試合が行われる。

 F組の首位に立つイングランドが、ホームに2位のスロベニアを迎え撃つ。イングランドは残り2試合で1勝すれば、6大会連続の出場が決まる。サウスゲート監督(47)は9月にクラブと代表で13得点と絶好調のFWハリー・ケイン(24)=トットナム=をスロベニア戦の主将に指名した。同組ではプレーオフに出場できる2位を目指して勝ち点1差で追うスコットランドとスロベニアが直接対決に挑む。

 C組では、敵地での北アイルランド戦に引き分け以上で17大会連続出場が決まるドイツは、DFボアテング(29)=バイエルン=が代表に復帰した。

 勝ち点3差以内に3チームがひしめく激戦のE組では、勝ち点19で首位のポーランドがすでに敗退が決まっているアルメニアに乗り込む。そして同16のモンテネグロは、勝ち点で並ぶデンマークをホームに迎える。

 気になるスコアはhttp://www.hochi.co.jp/soccer/data/2018/qualifiers/uefa/で速報する。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ