【W杯予選 欧州プレーオフ】アイルランド、勝てば日韓大会以来の出場権

2017年11月14日22時0分  スポーツ報知
  • 第1戦は0―0のドローだった(ロイター)

 ◆ロシアW杯欧州予選プレーオフ ▽第2戦 アイルランド―デンマーク(14日・ダブリン)

 2018年W杯ロシア大会出場を懸けた欧州予選プレーオフ第2戦最後となる試合が、14日(日本時間15日早朝)に行われる。D組最終節で2位ウェールズとの敵地直接対決に勝利して逆転でのプレーオフ進出を決めた古豪・アイルランド。デンマークに乗り込んでの第1戦は0―0のスコアレスドローだった。

 アイルランドは02年日韓大会以来の出場の出場を目指すが、欧州プレーオフ第2戦には苦い思い出も。10年南アフリカ大会出場国を決めるフランスとの第2戦の延長戦で、当時のフランス代表FWアンリに“神の手”アシストされて出場権を逃した。

 アイルランドは再試合を要求したが、認められなかった。この騒動を巡っては、当時のサルコジ仏大統領がアイルランド首相に「申し訳なく思う」と謝罪。そして後日、FIFAが法的措置を回避するためにアイルランド協会へ500万ユーロ(約7億円)を支払っていたことが判明していた。

 古豪にとって、勝てば出場権を獲得できる試合だが0―0なら延長戦、得点が入っての引き分けの場合はアウェーゴール数で敗退となる。満員のサポーターの後押しを受けて悲願成就なるか注目だ。

 試合は15日午前4時45分に開始される。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ