長友、イタリアのW杯予選敗退「負けた。ショック」

2017年11月15日6時0分  スポーツ報知
  • 試合後、ピッチに倒れ込んだイタリアの選手たち(ロイター)

 ◆ロシアW杯大陸間プレーオフ第2戦 イタリア0―0スウェーデン(13日・ミラノ)

 過去18回の出場で4度の優勝を誇るイタリアが1958年スウェーデン大会以来、60年ぶりにW杯出場を逃した。ロシアW杯欧州予選プレーオフ第2戦がイタリア・ミラノで行われ、イタリアはスウェーデンと0―0で引き分け、2戦合計0―1で敗退が決まった。スウェーデンは3大会ぶり12回目の本大会出場。

 元イタリア代表FWで06年ドイツ大会優勝メンバーのデルピエロ氏は、地元テレビ局のインタビューで「再出発は簡単ではない。ほとんどのイタリア人が最後に予選敗退した後に生まれている。何が待ち受けているか何も分からない」と沈痛。悲劇の会場となったジョゼッペ・メアッツァを本拠に11年からプレーする日本代表DF長友は自身のSNSで「イタリア負けた。W杯に出られない。ショック…」と書きつづった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ