【山本昌邦氏のW杯完全予想】G組はベルギー個の力

2018年1月2日7時0分  スポーツ報知
  • ベルギーの予想布陣

 2強の組。ベルギーはR・ルカク、E・アザール、メルテンスら攻撃面のタレントは豊富で、個のタレントをどうチーム力に変えられるかがカギ。イングランドは育成の成果が出ており、ケインとアリらトットナムの選手を軸にどう戦うか。

 ◆ベルギー

 両サイドを起点とし、【カウンターの好機を生かす】攻撃スタイルで、190センチのFW、R・ルカク、MFメルテンスら攻撃陣は豊富。【最終ラインの人材不足】も、チェルシーのGKクルトワがゴールを守り、耐えしのぐ。若手選手の台頭で86年の4強超えへ勢い十分。

 ◆イングランド

 正確なロングパスやスピードを生かした攻撃と、体を張った激しい守備が武器。昨季のプレミアリーグ得点王に輝いた24歳FWケインをはじめ、【若手中心】のチーム。“成長段階”ゆえ【経験不足とパスワーク】に不安が残るが、堅守速攻と勢いで突破する。

 ◆チュニジア

 78年アルゼンチン大会以来、40年ぶりのW杯2勝目を目指す。戦力は【小粒】だが主力の大半が国内クラブに所属しており、アフリカ勢の課題である【連係面】は問題なし。ベルギー、イングランドから少なくとも勝ち点1以上を奪い、第3戦のパナマ戦を迎えたい。

 ◆パナマ

 02年日韓大会でエクアドルを初出場に導いたゴメス監督が指揮する。【出場国最低レベルの選手層】を33歳のゴメス、36歳のペネドとペレス、31歳のR・トーレスら出場が100試合を超える選手たちの【豊富な経験】と【熟練の連係】で補いたいところ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ