レスター岡崎に追い風?同僚FWがリバプール移籍か

2018年1月8日6時0分  スポーツ報知
  • フリートウッド戦の後半12分に途中出場するレスターの岡崎(右、ロイター)

 ◆FA杯3回戦 フリートウッド(3部)0―0レスター(6日・英国フリートウッド)

 イングランド・プレミアリーグのリバプールが、レスターのアルジェリア代表FWリヤド・マレズ(26)を獲得することが7日、濃厚になった。英大衆紙「ザ・サン」は同日付電子版で、移籍金は4800万ポンド(約75億8400万円)と報じた。リバプールのブラジル代表MFコウチーニョ(25)が、スペイン1部バルセロナへ移籍すると6日に発表されたばかり。レスターがリーグ制覇した15~16年シーズンに、17得点10アシストと活躍したアルジェリア代表FWを“代役”に指名した形だ。

 移籍が実現すれば、同僚FW岡崎慎司(31)の出場機会が増えるのは確実。昨年10月に就任したピュエル新監督はこれまでMFグレイと岡崎を交互に先発起用してきた。今後はマレズの“穴埋め”にグレイを起用するとみられるが、FWのライバルが減り、岡崎の出番も増える。代表復帰を狙う31歳に、追い風になりそうだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ