堂安律、代表招集ならライバルは本田や岡崎、久保ら

2018年5月11日7時0分  スポーツ報知
  • チームメートのDFゼーファイク(左)とMF堂安

 日本代表の西野朗監督(63)はバヒド・ハリルホジッチ前監督(65)の体制で未招集だった選手にも注目。4月下旬までに、MF堂安律(19)=フローニンゲン=とMF伊藤達哉(20)=ハンブルガーSV=を代表メンバーの大枠候補に加えた。

 西野監督は4月27日から12日間の欧州行脚で、吉田や長谷部ら不動の主力に加え負傷中の香川や岡崎ら11人と接触。出発時には「もちろんできれば」と堂安との面談も希望していたが、過密日程で実現しなかった。ハリル体制からシステムが変更される可能性もあるが、堂安の主戦場となる右FWには本田を始め、岡崎慎司、久保裕也、浅野拓磨、小林悠らが名を連ねる。

海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ