【バスケ】A東京が開幕2連勝!エース田中が最多19得点

2016年9月23日23時35分  スポーツ報知
  • 第2Q、シュートを狙うもブロックされるA東京・田中(24)

 ◆プロバスケットボール Bリーグ第1節 A東京74―53琉球(23日、東京・代々木第一体育館)

 A東京が真の強さを見せつけた。38対54で迎えた第4Q。「(相手は昨日負けて)ハードに来ると思った」。エース田中大貴(25)が開始30秒、いきなり3点シュートを沈め、琉球の反撃の余力を奪った。下を向いた相手の隙を見逃さなかった田中は、続けてボールを奪い、速攻から華麗な背面パスでアシストを決め、9461人の大歓声を浴びた。第1戦は「緊張もあり、シュートタッチがよくなかった」というが、この日は4本の3点シュートを決めるなど、両チーム最多の19得点。コート上で圧倒的な存在感を放ち、21点差の大勝にチームを導いた。

 勝利の鍵は、田中の活躍だけではない。粘り強く、固いチームディフェンスが光った。琉球に75得点を奪われた第1戦を受け「相手のやりたいことをさせない」ことを徹底。喜多川修平(30)、岸本隆一(26)など相手の得点源を厳しくマーク。1ケタ得点に封じ、琉球を53得点に抑え込んだ。

 22日の歴史的1勝に続き、2連勝。田中は「いいシーズンのスタートを切れた。第1戦より成長している。最後に優勝すればいいので、そこに向けてレベルアップしていく」。勢いに乗るA東京が初代王者へ駆け上がる。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
球技
今日のスポーツ報知(東京版)