【バレー】旭川市にVリーグ男子目指し新球団誕生

2016年10月17日15時41分  スポーツ報知

 一般社団法人北海道バレーボールクラブ準備委員会(旭川市)は17日、2017年~18年からVチャレンジジリーグ2、将来はVプレミアリーグ入りを目指す男子新チームを発足させることを発表した。

 旭川で11年に創立、全国大会経験もあるクラブチーム「アイ・ディー・エフ」を母体に、新しく一般社団法人北海道バレーボールクラブが運営団体となり、チーム名は「ヴォレアス北海道」とし、近日中にVリーグ機構に準加盟申請を行う。

 監督には、道内大学男子NO1、全日本インカレ8強入りもした東海大北海道の春間好実監督(47)が大学と兼任で就任。メンバーは、昨季、Vプレミアを制した豊田合成でプレーした2メートルの道産子ミドルブロッカー加藤伊織(29)=札幌北陵高出=も新加入。今後、トライアウトも行い新戦力も募集。今月21日に旭川でチーム発足会見を行う。

 道内では札幌の「Safilva北海道」も今年から、Vリーグ入りを目指し活動を開始した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
球技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ