【卓球若手戦国時代】(6)松山祐季・18歳…安定感ピカ一

2017年1月10日10時0分  スポーツ報知

 東京五輪に向け、卓球は若手が代表争いに続々と名乗りを上げている。昨年リオ大会で伊藤美誠(16)=スターツ=が団体戦で銅メダル。10月のW杯(米国)は平野美宇(16)=エリートアカデミー=が日本勢で初優勝。12月の世界ジュニア選手権(南アフリカ)は団体戦で男女アベック優勝し、13歳の張本智和(エリートアカデミー)はシングルスも制した。伊藤が「20年はまず代表に入ることが目標」と言う激しい競争。その第一歩となる17年世界選手権(5月、独デュッセルドルフ)選考会を兼ねる全日本選手権(1月16日開幕)を控え、注目選手を紹介する。

 威力あるフォアハンドが持ち味。15年にジュニア代表候補になって着実に成長し、昨年12月の世界ジュニア団体戦で6戦全勝。決勝の韓国戦は3番手で優勝を決めた。早田ひなと組んだ混合ダブルスでも銀メダル。昨年、高校生の大会では同じチーム以外の選手に1度も負けず、安定した成績を残した。

〈1〉松山祐季(まつやま・ゆうき)〈2〉愛工大名電高〈3〉1998年7月21日生まれ〈4〉愛知県出身〈5〉1月の世界ランク245位〈6〉16年世界ジュニア団体金メダル

東京2020
  • 楽天SocialNewsに投稿!
球技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ