中3・工藤夢が高校生を連続撃破…卓球全日本選手権

2017年1月18日7時46分  スポーツ報知
  • 鋭いバックハンドドライブを放つ鶴卓TC・工藤夢

 ◆卓球全日本選手権 ▽ジュニア女子3回戦 工藤3―0阿部(17日・東京体育館)

 ジュニア女子で、中学3年生の工藤夢(15)=青森・鶴卓TC=が、16日の1回戦に引き続き、2回戦で田中咲子(福岡・希望が丘高)、3回戦で阿部里歩(大阪・四天王寺高)と強豪校の高校生を連破。15年に14歳以下日本一に輝いたパワーを発揮し、4回戦に進出した。

 世代の日本一を経験した工藤が、持ち前のパワーで力を証明した。2回戦では希望が丘高の田中にフルゲームの末、3度マッチポイントをしのぎながら逆転勝ち。3回戦では四天王寺高の阿部をストレートで退けた。

 身長156センチ、ぶれない体の軸を生かした強打と多彩なサーブで相手をほんろう。「(一般とジュニアの)2種目に出るので、負けより勝ちを多くしたかった。その目標が達成できてうれしい」とはにかんだ。

 15年に14歳以下の全日本カデットで優勝。ジュニアの代表候補合宿などにも呼ばれたが、なかなか結果が続かなかった。その反省があって「自分は挑戦者。向かっていけばいい」と開き直りのプレーで、強さを取り戻した。

 ジュニアでは2度目の出場で4回戦進出。「これからはもっと強い相手。一つずつ頑張ります」。と気合をいれた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
球技
今日のスポーツ報知(東京版)