【Bリーグ】秋田・長谷川HC退任「2部降格は自分に責任」

2017年5月19日7時56分  スポーツ報知
  • 秋田・長谷川HC

 Bリーグの秋田ノーザンハピネッツは18日、長谷川誠ヘッドコーチ(HC=46)の退任を発表した。

 同HCは能代工から日大卒業後、松下電器、ゼクセル、米独立リーグABAのサンディエゴ、いすゞ自動車、新潟アルビレックスBBでプレー。主にポイントガードとして活躍し、日本リーグMVPや日本代表にも選出された。秋田では選手、プレーイングマネジャーなどを経て2014―15季からHCに。bjリーグで1季目は東地区1位、プレーオフ準優勝。2季目は東地区3位、プレーオフ3位だった。Bリーグ初年度となった今季は、1部東地区5位。残留プレーオフは1回戦で敗れ、来季の2部降格が決まっていた。

 同HCはクラブを通じて「2部降格は自分の責任。ヘッドコーチとしてこのことを重く受け止め、退任を決断しました」などとコメントした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
球技
今日のスポーツ報知(東京版)