奈良くるみ、大坂なおみ下す 伊達公子さん引退も「力に変えられた」

2017年9月14日7時30分  スポーツ報知

 ◆テニスジャパン女子オープン第3日 ▽シングルス1回戦 奈良くるみ2(6―3、6―0)0大坂なおみ(13日、有明テニスの森公園)

 シングルス1回戦で世界ランク108位の奈良くるみ(安藤証券)が第6シードで世界46位の大坂なおみ(日清食品)を下した。土居美咲(ミキハウス)はザリナ・ディアス(カザフスタン)に逆転負け。2回戦で加藤未唯(佐川印刷)が第4シードのクリスティナ・プリスコバ(チェコ)を破り、ツアー初の8強入り。

 同じハードコートの全米オープンで3回戦に進出した2人の日本人対決は、奈良が日本勢で世界ランク最上位の大坂を1時間10分で破った。「パワーヒッターに対し、どうプレーするか試合前に明確にしてコートに入れた」と対策が奏功し、第1セットの第8ゲームから8ゲーム連取と圧倒した。前日にはダブルスを組んだこともあった伊達公子さんの引退セレモニーで涙ながらに言葉を贈った。「試合に集中できるか不安だったが、力に変えられた」と上位進出を見据えた。 

  • 楽天SocialNewsに投稿!
球技
今日のスポーツ報知(東京版)