大阪桐蔭、初Vへ試練 チームトップ4T美登路が欠場も全員で突破

2018年1月8日9時0分  スポーツ報知
  • 準決勝戦で肩を痛め、練習に参加しなかった大阪桐蔭・美登路

 ◆第97回全国高校ラグビー ▽決勝 大阪桐蔭―東海大仰星(8日・花園ラグビー場)

 19大会ぶりとなる大阪勢同士の決勝で、2年ぶり5度目の優勝を狙う東海大仰星は7日、枚方市内の同校で最終調整。決勝前日の練習打ち上げ時に湯浅大智監督(36)からカミナリを落とされ、センター長田智希主将(3年)は気持ちの切り替えを誓った。初優勝のかかる大阪桐蔭は東大阪市内で調整し、ウィング美登路(みとろ)渡(3年)が右肩痛で欠場する可能性が出てきた。

 初Vに向かう大阪桐蔭に“試練”が立ちはだかった。今大会4試合でチームトップタイの4トライを挙げているウィング美登路が、5日の準決勝(対桐蔭学園)でトライを決めた際、右肩を痛めた。この日は包帯で右肩を固定し、2日連続で練習に参加しなかった。

 チームメートが最終調整に励む姿を、美登路はベンチコートを着たまま見つめた。練習後には病院で痛み止めのブロック注射を受けた。綾部正史監督(42)は「病院に行った上で判断します」と話すにとどめ、決勝当日の状態で起用するかを決断する。2戦連続トライ中の点取り屋が欠場となれば、チームには大きな痛手となりそうだ。

 そんなピンチにも選手は動じていない。準決勝でトライを挙げたFB杉原駿(かける、3年)は「(欠場なら)美登路の分も頑張りたい。トライを決めるイメージはできています」ときっぱり。相手は高校日本代表候補のウィング河瀬ら強力なバックス陣を誇るが「勝負をしかけていきたい」と気合十分だ。危機を乗り越え、チーム全員で初Vをつかむ。(筒井 琴美)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
球技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ