2冠サントリーは“タレント”ぞろい…PR石原慎太郎はプロ転向示唆

2018年1月14日7時0分  スポーツ報知
  • サントリー・石原慎太郎

 ◆ラグビー 日本選手権&トップリーグ決勝トーナメント決勝戦 サントリー 12―8 パナソニック(13日・秩父宮) 

 2冠をかけて争い、サントリーが、今季無敗のパナソニックとの激戦を12―8で制し、2連覇を達成した。前半は開始4分、センター中村亮土(26)のトライなどで12―5で折り返し、無得点だった後半はパナソニックの猛攻を封じ込んだ。15―10だった昨季決勝に続き、2季ぶり日本一奪回を狙った強敵を返り討ちにした。優勝回数ではトップリーグで東芝に並ぶ最多5度目、日本選手権では神戸製鋼の00年度での9度に次ぐ通算8度目となり、84年度に7連覇を達成した新日鉄釜石に並んだ。

 タレントぞろいのサントリーで、メンバーには各界の有名人と同姓同名、またはよく似ているといわれる人気者が多い。中でも最もブレイクしたのが「都知事」のニックネームを持つ、入社5年目のプロップ石原慎太郎(27)だ。

 「流のナイツ・塙似とか、イジりあって、いい絆ができている」と石原。全員がピッチ外では優秀な営業マン。石原も名前にあやかりノルマは期日前に達成している。「本当は名前でなくラグビーで覚えられたい」と漏らすが「本家、石原さんの『天才』って本だけは読みましたよ」と、しっかりネタも仕入れている。

 昨年から日本代表に名を連ね、まさに「太陽の季節」の石原だが、入社1年目に「やらかした」大ポカがある。チームが25連勝で迎えたNEC戦で初先発したが、試合前日の夕食後にコンビニの空揚げ弁当をこっそり食べてピッチ上は絶不調に。連勝記録を止める戦犯となり「しかも不調の原因がバレて相当怒られて。チームを代表して試合に出る重みを痛感させられました」。

 強いサントリーでの定位置争いはレベルアップにもなり19年W杯代表にも近づく。石原は「実はプロ転向も視野に入れている」と告白した。社訓の「やってみなはれ」と、チームのスローガン「ステイ・ハングリー」に刺激を受けたという。「いくらハングリーでも試合前日に空揚げだけは食べないようにします」と笑った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
球技
今日のスポーツ報知(東京版)