錦織圭、18歳に逆転負け「自信が100%戻っていない」メキシコOP

2018年3月1日7時0分  スポーツ報知
  • 錦織圭

 ◆テニス メキシコ・オープン第2日▽シングルス1回戦 シャポバロフ(カナダ)2―1錦織(日清食品) (27日、アカプルコ)

 1回戦で、世界ランク26位の錦織圭(28)=日清食品=は、18歳のデニス・シャポバロフ(カナダ)に逆転負けした。

 第1セットは先取したが、プレーに精彩を欠き、ラケットをコート後方の壁に投げイライラをぶつけた。右手首故障からのツアー復帰3大会目となる次戦は、BNPパリバオープン(8日開幕・米カリフォルニア州)の予定。予選敗者から繰り上がる「ラッキールーザー」で出場したダニエル太郎(25)=エイブル=も敗れた。

 錦織は、昨年ツアーで「最も成長した選手」に選出された18歳の勢いにのまれた。暑さもあり、さえない表情で、「体調は万全でなかった。自信が100%戻っていない」と話した。セットを追うごとに第1サーブの確率は54、50、43%と低下。最終セット中盤には、いら立ち紛れにラケットを壁に投げつけた。今後の大会では相手のレベルも上がっていく。「周りよりも自分に集中」と言い聞かせた。

球技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ