錦織、せき止まらず欠場

2018年3月13日7時0分  スポーツ報知

 ◆プロテニス・BNPパリバ・オープン(12日、米カリフォルニア州インディアンウェルズ)

 男子シングルス2回戦で世界ランク109位のダニエル太郎(25)=エイブル=が、元世界1位のノバク・ジョコビッチ(30)=セルビア=を破った。2時間半の激戦をフルセットで制し、日本人では錦織圭(28)=日清食品=以来2人目の金星。錦織は体調不良で初戦の2回戦を欠場した。女子シングルス3回戦では同44位の大坂なおみ(20)=日清食品=が同100位のサーシャ・ビッカリー(22)=米国=を下した。

 2回戦を前に欠場を発表した。10日の練習でせき込む姿が見られ「せきが止まらなかったか」との問いかけに「はい。そうですね」と、短く答えてフロリダ州の自宅に戻った。翌週の世界ランクでは20位台からの陥落が濃厚で、鄭現(韓国)にアジアNO1の座を譲ることになる。次戦はマイアミ・オープン(21日開幕)の予定。

球技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ