【G大阪】クルピ監督、柿谷獲り語らず

2018年6月10日5時55分  スポーツ報知

 ◆YBCルヴァン杯プレーオフステージ第2戦 磐田2―3G大阪(9日・ヤマハスタジアム)

 FW黄義助がハットトリックを達成し、2戦合計4―2で準々決勝進出。

 2戦とも得点した黄は「アウェーゴールをしっかり決められたことは大きかった」。6日の天皇杯2回戦で関学大に敗戦。奮起を促すためか、ゴール裏の横断幕は逆さまに掲げられ、前半10分までチャント(応援歌)もなかった。また、クルピ監督に試合後、C大阪FW柿谷獲得報道に関し報道陣から質問が出たが、関係者が制止し、監督はノーコメントだった。

球技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ