全仏準Vの“えりまこ”、50人がお出迎え!ギョーザ&牛タン食べた~い

2018年6月13日6時0分  スポーツ報知
  • 決勝進出を伝える9日付本紙を手に笑顔の穂積絵莉(左)と二宮真琴

 テニス全仏オープン女子ダブルスで準優勝した穂積絵莉(24)、二宮真琴(24)=ともに橋本総業=が12日、パリから帰国した。羽田空港で同種目日本人ペア初の4大大会ファイナリストを約50人の報道陣と居合わせた客がお出迎え。穂積は「ビックリした。憧れでもあったのでうれしい」と笑顔をみせた。

 20年東京五輪に向けダブルス重視の意向を固めた二宮は、最新の世界ランクで41位から自己最高の23位まで上がった。20年6月8日時点で10位以内なら自力で五輪切符がつかめる。「ツアーを回ってコンスタントに上位に入れるように」と新たに目標を定めた。それぞれ別な選手と組む4大大会ウィンブルドン(7月2日開幕)を控え、つかの間の日本滞在。食べたいものは「ギョーザ」(穂積)、「牛タン。厚いのがいい」(二宮)。英気を養い次の戦いに備える。

球技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ