松嶋尚美、息子が日大へ行きたいと明かすも実は日体大と間違えていた…「本当に申し訳ございません」と謝罪

2018年6月13日12時55分  スポーツ報知
  • 松嶋尚美

 13日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・後11時55分)では、アメフト部の悪質な反則問題に揺れる日大アメフト部について特集した。

 番組では11日に日大教職員組合が、田中英寿理事長(71)宛ての「要求書」に賛同する教員らの署名752人分集まったと発表した会見で同組合の会見で「報復が恐ろしいけど、当該学生がこの何倍もの恐怖を感じていたと思うと教員が名前を出さないわけにはいかないと考えました」など署名をした教員が報復人事を受ける危険性などが明かされたことについて議論した。

 こうした状況にタレントの松嶋尚美(46)は「うち週一で日大の前、実は通るんですよ。息子と一緒でたまたま、習い事のあれで」と明かし、「ほんなら、ライオンの置物があるから息子がこの学校に行きたいなって言ったんですよ。カッコイイここ、ジャージのお兄ちゃんたちが出てくるし」と子どもが将来、日大へ進学したい思いを伝えたという。

 この時、松嶋は息子に「ちょっと待ち。いろいろあるからって言っちゃうもん」と様々な問題が噴出している日大への進学を思いとどまるよう諭したという。このエピソードにスタジオは笑いに包まれたが、MCの坂上忍(51)は「主婦感情だと思う。そう感じてしまっている。悲しいかな感じてしまっている親御さん結構いると思うよ」と指摘していた。

 ところが、番組の最後にフジテレビの榎並大二郎アナウンサー(32)から「今日、お伝えした日大のアメフト部のニュースの中で松嶋さん、よくお子さんと一緒に日大の前、通りがかると、でライオンのシンボルのとおっしゃっていたんですが、恐らく、そこが日本体育大学だということが、ご指摘いただきまして、日体大、今回の問題とはまったく関係ございませんということをお伝えさせていただきます」と訂正した。

 この勘違いに松嶋は平身低頭で「ごめんなさい、日体大のみなさん、本当、間違っていました。本当、もう、息子に勧めます。本当に申し訳ございませんでした。本当、すみません」と何度も頭を下げて謝罪していた。

球技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ