ロマゴン、負けた!井上ぼう然「言葉見つからない」

2017年3月20日6時0分  スポーツ報知

 ◆プロボクシング ダブル世界戦 ▽WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ ○シーサケット・ソールンビサイ(判定 2―0)ローマン・ゴンサレス●

 プロボクシングのダブル世界戦が18日(日本時間19日)に米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、WBC世界スーパーフライ級王者ローマン・ゴンサレス(29)=ニカラグア=がプロ47戦目で初めて敗れた。元同級王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)に0―2の判定負け。世界3団体統一ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(34)=カザフスタン=は3―0の判定勝ちで防衛に成功したが、連続KO防衛は17で止まった。

 4階級制覇王者のロマゴンが負けた。立ち上がりからペースを狂わされた。初回に右ボディーを被弾し、同時に頭も当たったように見えたが、ダウンを喫した。3回にはバッティングで右目上をカット。6回にはまたもバッティングでシーサケットが1点減点された。必死に連打を浴びせて追い上げを図っても及ばず。採点は1者が113―113、2者が114―112で挑戦者を支持した。

 46戦全勝(38KO)の戦績を誇り、米専門誌「リングマガジン」選定のパウンド・フォー・パウンド(全階級を通じての最強選手)で1位にランクされるスターの敗戦。対戦を熱望し、試合を中継したWOWOWでゲスト解説を務めたWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(23)=大橋=も「言葉が見つからない」とぼう然。実現は微妙な状況になり「(大橋秀行)会長から年末にもあるかもしれないと聞いていたのでショック」と肩を落とした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)