大森将平、京都のジム初の世界王者へ 因縁タパレスへのリベンジ誓う

2017年4月13日21時1分  スポーツ報知
  • 公開練習で王者タパレスへの雪辱を誓ったWBO世界スーパーバンタム級6位の大森将平

 WBO世界バンタム級6位・大森将平(24)=ウォズ=が13日、京都市内の同ジムで公開練習を行った。同級王者マーロン・タパレス(25)=フィリピン=に挑む世界初挑戦(23日・エディオンアリーナ大阪)に備え、タパレスと同じフィリピン人サウスポー相手に2ラウンドを消化。激しく打ち合い「疲労もピークの中、動けている」と充実した表情を見せた。

 ともにサウスポーのタパレスとは15年12月、世界挑戦者決定戦で対戦し2回TKO負け。オーバーハンドの左フックをまともに食らって主導権を握られ、計4度のダウンを奪われてのプロ初黒星だった。「ああいう軌道のパンチは想定外だった。研究不足」と反省する。親交がある元世界3階級王者の長谷川穂積氏(36)からは「この負けを経験にして、世界王者になれる」とゲキを飛ばされた。

 今回は試合中のダウンも想定し、三半規管を強化。リング上で回転してからスパーリングを行う練習なども行った。大森は「勝って、京都のジムから初の世界王者誕生の瞬間をお見せします」と息巻いた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ