内山高志、進退を先送り「まだはっきり分からない」

2017年4月14日7時0分  スポーツ報知
  • 内山高志

 進退が注目されるプロボクシング前WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志(37)=ワタナベ=の結論は先送りとなった。

 都内で13日、所属ジムの渡辺均会長(67)と昨年の大みそかの試合後初めて進退について話し合いが行われたが、内山は「本当にやりたいのか、まだはっきり分からない」と述べた。

 既にスパーリングは始めているが「必死に追い込むまでにはなっていない」という。今月中には結論を出したい考えを示したが「22年間ずっとやってきたことなので、生活を急に(変える)というのは難しい」と、揺れる胸中を明かした。渡辺会長は「内山の決めたことに従う」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)