女子高生ボクサー・小村楓香がプロ4戦目で東京初進出!5・19“聖地”後楽園ホールで

2017年4月19日21時11分  スポーツ報知
  • 試合発表会見でファイティングポーズをとる小村楓香

 グリーンツダジムは19日、大阪市東成区の同ジムで現役女子高生ボクサー・小村楓香(19)らの次戦発表会見を行った。

 現在デビュー3連勝中(2KO)の小村は5月19日、後楽園ホールでのミニフライ級4回戦で武藤美希子(27)=角海老宝石=と対戦する。年内のタイトル挑戦を見すえる小村は「初めての後楽園でドキドキ。1回KO勝ちを目指す」ときっぱり。現在、大阪・門真西高3年生だが、2年生で2度留年。「勉強? そっち方も大丈夫です」と笑顔で強調した。

 また、翌週の5月26日には同じく後楽園ホールで、日本ウエルター級4位の矢田良太(27)がWBO世界スーパーウエルター級14位・松永宏信(29)=横浜光=と対戦する。東洋太平洋バンタム級13位・田中一樹(24)は14年度の同級全日本新人王・高橋竜平(27)=横浜光=と、いずれも契約ウェート8回戦で激突。会見に出席した男子4選手もそれぞれKO勝利を宣言した。

 グリーンツダジムの本石昌也会長(41)は「自信をもって、選手たちを東京のリングに送り出したい」。敵地での白星を“土産”とするつもりだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ