大森に勝機!タパレス減量苦

2017年4月22日7時0分  スポーツ報知
  • WBOバンタム級世界戦の予備検診を受ける挑戦者・大森将平(左は王者マーロン・タパレス=カメラ・谷口 健二)

 ◆プロボクシング ダブル世界戦 ▽WBA世界フライ級タイトルマッチ 王者・井岡一翔―同級2位・ノクノイ・シットプラサート ▽WBO世界バンタム級タイトルマッチ 王者・マーロン・タパレス―同級6位・大森将平(23日・エディオンアリ―ナ大阪)

 ダブル世界戦の予備検診が21日、大阪市内の病院で行われ、WBO王者タパレスの減量苦が明らかになった。複数の関係者の話を総合するとこの日、体重は57キロ前後。予備検診後は大阪市内のジムへ直行し、サウナに1時間以上こもって汗を絞り出し、げっそりした表情で引き揚げた。22日の計量をパスしても、試合でベストコンディションになるかは微妙だ。

 タパレスは15年12月の世界挑戦者決定戦で大森と対戦し、4度ダウンを奪い2回TKOの圧勝。直前に体重さえ落とせば今回も楽勝と考えたのか。ウォズジムの大森昌治会長(56)は「ナメやがって」と憤った。

 一方の大森は「リミット(53・5キロ)まで落とし、栄養を取りながら調整している」(関係者)と順調そのもの。大森は「タパレスにリベンジしたい、それだけ。今までで一番いいコンディションがつくれた」ときっぱり。タパレスに喫したプロ唯一の黒星は、世界初挑戦のリングで白星につなげる。(田村 龍一)

 ◆山中がエール

 WBC世界バンタム級王者・山中慎介(34)=帝拳=が21日、南京都(現・京都広学館)高の後輩である大森にエールを送った。この日は都内のジムで汗を流した。同じく後輩の久保隼(真正)が今月WBA世界スーパーバンタム級王座を奪取したばかり。「この流れに乗ってほしい」と山中。さらに「3人とも階級が近いので誰が一番強いのか。でも世界戦じゃなくて“京都予選”みたいになっちゃいますかね」と冗談で笑わせた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ