村田、KO宣言「倒して勝つ」謙虚な男の口からついに!

2017年5月19日6時0分  スポーツ報知
  • 調印式で、ベルトの横で笑顔を見せる村田(カメラ・佐々木 清勝)

 ◆報知新聞社後援 プロボクシング トリプル世界戦 ▽WBA世界ミドル級王者決定戦 暫定王者・アッサン・エンダム―同級2位・村田諒太(20日、東京・有明コロシアム)

 ボクシング12年ロンドン五輪ミドル級金メダリストでWBA同級2位の村田諒太が堂々のKO宣言だ。トリプル世界戦(報知新聞社後援)の調印式が18日に都内で行われ、村田は同級暫定王者(1位)アッサン・エンダムの目の前で「倒して勝つ。そのことだけを考えたい」と力強く誓った。闘志あふれる言葉で自らを奮い立たせ、日本人初の五輪メダリスト&世界王者の快挙を狙う。

 熱気に満ちた周囲の雰囲気に応えるように、村田は闘志を高ぶらせた。調印式会場となった都内ホテルの宴会場「ゴールデン」は多くの人々であふれた。約150人の報道陣や関係者に加え、テレビカメラも5台が集まった。村田の1人挟んだ隣には、サングラス姿のエンダムがいた。その中でキッパリ言い切った。

 「エンダム選手を倒して必ず勝つ。そのことだけを考えたい」

 迫力満点の元世界王者をそばにしても、物おじすることはなかった。最近の試合、特に世界戦が決まってからは「ベストを尽くして、結果は神のみぞ知る」と話すなど、大きいことを言う機会はほとんどなかった。だが、ついに堂々のKO宣言が出た。さらに「最高に楽しみながら試合をしたい。初めからプレッシャーをかけて自分のボクシングをして(得意の右が)当たれば倒せると思う。勝ちますよ」と頼もしく語った。

 必勝を誓い、そして「楽しむ」という言葉を何度か使った。その理由を「いい未来を想像しないと、かなえることはできないので」と説明した。ロンドン五輪で金メダルを獲得した際には、佳子夫人(35)が自宅の冷蔵庫に「金メダルを取りました。ありがとうございます」と、あえて過去形で書いた紙を貼って“暗示”をかけていたことが話題になった。3年ほど前からは文面が「チャンピオンになりました」と変わり、今も貼ってある。一度現実になった“暗示”と同じように、自身の言葉で心を奮い立たせた。

 今回は「ナイキ」「ライザップ」など、試合と個人分を合わせ異例となる17社ものスポンサーが名を連ねた。期待が高まっている証拠だが、村田は平常心だ。会場に集まった人数の多さにも「僕が鈍感なのか、これが多いのか少ないのか、よく分からない」とずぶとさを見せた。都内での練習はこの日で打ち上げ。「最高の結果を想像して、それを勝ち取る。こういう舞台で、あれだけ強い相手を前にして尻込みしているのではなく、その舞台を楽しみたい」。自らが想像した未来を必ず現実にする。(三須 慶太)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)