WBC世界フライ級王者が計量オーバーで王座剥奪!村田は計量パス

2017年5月19日14時19分  スポーツ報知
  • 前日計量をパスしポーズを取る村田諒太

  ◆報知新聞社後援 プロボクシング トリプル世界戦 ▽WBA世界ミドル級(72・5キロ以下)王座決定戦12回戦 アッサン・エンダム―村田諒太 ▽WBC世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ファン・エルナンデス―比嘉大吾 ▽WBC世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ガニガン・ロペス―拳四朗(20日、東京・有明コロシアム)

 トリプル世界戦の前日計量が19日、都内のホテルで行われた。WBA世界ミドル級暫定王者(1位)のアッサン・エンダムと王座決定戦に臨む同級2位・村田諒太の両者は、ともに72・3キロでパスした。村田は「ほっとしています。試合前の一番大きな、最初に越さないといけない壁なので」と笑顔を見せた。

 一方で、WBC世界フライ級王者のエルナンデスは51キロでリミットを200グラムオーバー。2時間以内に再計量に臨むことができたが、エルナンデスは「時差と長旅で体力が限界に来ていた」と拒否。そのため、エルナンデスは同王座を剥奪された。

 ただし同級1位・比嘉大吾との一戦はタイトル戦として行われ、比嘉が勝った場合は、新王者となる。それ以外の場合、同級王座は空位となる。比嘉は「絶対に期待に応えたい」と意欲。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)