田中、計量一発クリア!心理戦も動じず

2017年5月20日7時0分  スポーツ報知
  • 王者・田中(左)と挑戦者・アコスタが調印式を終えにらみ合う

 ◆プロボクシング 世界戦 ▽WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ 王者・田中恒成―同級1位・アンヘル・アコスタ(20日、愛知・武田テバオーシャンアリーナ)

 無敗対決の調印式と計量が19日、名古屋市内で行われた。計量は田中が48・8キロ、アコスタが48・9キロで共に一発クリア。田中は、相手陣営が3連発で繰り出した心理戦にも動じず、世界戦3連続KO勝ちを狙う。

 〈1〉アコスタはプエルトリコから持参のグラブを宿泊する同市内のホテルに忘れ、関係者が取りに帰ったため、調印式の開始が10分遅れた。

 〈2〉グラブチェックで挑戦者陣営は「田中が使うグラブの重さを調べさせて」と要求。王者陣営を待たせて、はかりで両者のグラブに重量差がないことを確認。

 〈3〉計量でアコスタはプエルトリコ自治連邦区の旗を持ったままリミットでパス。旗は50グラムにも満たないが、体重調整万全を誇示した。

 そんな相手陣営をよそに、田中は「しっかり準備してきたので楽しみ。1ラウンド目からスリリングな展開になる。ざっくり、すごい試合をする」と世界2階級王者の余裕。“挑発”のお返しはリング上でするだけだ。(田村 龍一)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ