竹原慎二さん「とにかく生きてやるんだ!」がん闘病記を出版

2017年7月6日7時0分  スポーツ報知
  • がんとの闘病をつづった本を出版した竹原さん(左)は医師の川嶋氏と刊行記念の講演会

 元プロボクシング元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二さん(45)が5日、著書「見落とされた癌」(双葉社刊、税抜き1300円)の出版記念の講演会を東京・中央区の八重洲ブックセンター本店で行い、「とにかく生きてやるんだ! という気持ちが大事」と熱く訴えた。

 14年にぼうこうがんで余命1年と宣告されてから手術、リハビリなどの闘病記をつづった。「いまはもう半年に1度の通院になりました」。発売日の先月22日には、ブログでエールを送り合っていた小林麻央さん(享年34)が乳がんで亡くなり「残念としか言いようがない」と惜しんでいた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)