山中慎介破ったネリ、試合前ドーピング検査で陽性反応 WBCが発表

2017年8月24日12時35分  スポーツ報知
  • 山中慎介を倒して新チャンピオンとなったルイス・ネリ

 WBC世界ボクシング評議会は23日(日本時間24日)、15日に行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介(34)=帝拳=を破り新王者となったルイス・ネリ(22)=メキシコ=が試合前に行ったドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したと発表した。

 禁止薬物は筋肉増強剤クレンブテロールに似た性質を持つジルパテロール。日本ボクシングコミッション(JBC)には既に連絡があり、B検体や試合後に採取した検体の検査結果を受けてWBCと対応を協議する方針。

 山中慎介は初黒星を喫し、国内最多に並ぶ13度目の防衛に失敗していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ