寝屋川石田ジム、美容整形クリニックと異色タッグ 試合で鼻骨が折れても大丈夫!?

2017年11月27日21時40分  スポーツ報知
  • 元世界王者の石田順裕・寝屋川石田ジム会長(後列左から2人目)と同ジムのプロ1号・福井貫太(同3人目)はスポンサーの恵聖会クリニックのスタッフと写真におさまる

 元WBA世界スーパーウエルター級暫定王者の石田順裕会長(42)が主宰する寝屋川石田ジム(大阪・寝屋川市)がこのほど、美容整形の医療法人「恵聖会クリニック」(大阪市)とスポンサー契約を結んだ。石田会長と同クリニック・鬼頭恵司理事長の妻同士が仕事仲間という縁がきっかけで、ボクシングと美容整形の異色タッグが実現した。

 現役時代に世界のリングで戦い続けてきた石田会長は「どんなディフェンスがうまいボクサーでも、パンチをもらう時はもらう。もし、うちの選手が試合で鼻骨やほお骨を折られても特別価格で治して頂けることになっている」と喜び、同クリニック広報スタッフも「負傷しても我々がしっかりフォローします」と呼応。

 石田会長は「モットーはカッコよく強く。僕も昔の試合で曲がった鼻を治してもらおうかな」と頼もしいスポンサー出現に笑顔が絶えない。昨年プロ加盟した同ジムのプロ選手は現在8人。心強い援軍を得て、将来の王者輩出を目指す。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)