尾川堅一、ラスベガスの試合会場下見「良いイメージができあがりました」

2017年12月7日7時30分  スポーツ報知
  • ミゲル・ローマンのパネルの前でポーズを取る尾川(写真提供・帝拳ジム)

 ◆プロボクシング IBFスーパーフェザー級王座決定戦 尾川堅一―テビン・ファーマー(9日、米ネバダ州ラスベガス)

 9日(日本時間10日)にIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦に臨む同級4位・尾川堅一は5日(同6日)、同級5位テビン・ファーマーとの一戦に向け、当地でジムワークなどを行った。

 この日は公式行事はなく、約1時間半のジムワークで汗。試合会場のマンダレイ・ベイ・リゾートも訪れ、下見も行った。さらに同所に公式の計量台が保管されていたため、練習後に体重もチェック。減量も順調に進んでいることを確認した。

 尾川は「会場の第一印象は思っていたより大きくないと感じました。もし大きく感じるようならのまれる心配も少しありましたが、これで良いイメージができあがりました」と頼もしいコメント。4日(同5日)にはステーキも食べるなど、順調な様子だ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ