井上尚弥が3回TKOで7度目防衛に成功…バンタム級転向で3階級制覇狙う

2017年12月30日20時46分  スポーツ報知
  • 3回、ヨアン・ボワイヨを攻める井上尚弥(左)
  • 1回、右スレートを決める井上尚弥

 ◆プロボクシング ダブル世界戦 ▽WBO世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)タイトルマッチ 井上尚弥―ヨアン・ボワイヨ(30日、神奈川県・横浜文化体育館)

  WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24)=大橋=が、同級6位・ヨアン・ボワイヨ(29)=フランス=の挑戦を3回TKOで退け、7度目の防衛に成功した。

TKO勝利で、世界戦KO数は日本人王者歴代2位タイの「9」に伸ばした。

 今後は1階級上のバンタム級に転向する意向で、スーパーフライ級はこの試合で“卒業”。リング上での勝利者インタビューで「全然物足りないところがあるので、スーパーフライ級では実現できないのかなと。来年、バンタム級にいきたいなと思います」と正式に宣言した。

 ◆井上 尚弥(いのうえ・なおや) 1993年4月10日、神奈川・座間市生まれ。24歳。2012年10月のデビュー戦で4回KO勝ち。身長164センチ、リーチ169センチ。計量体重52・1キロ。主なタイトルは、WBC世界ライトフライ級、WBO世界スーパーフライ級王座。右ボクサーファイター。

 ◆ヨアン・ボワイヨ 1988年1月8日、フランス生まれ。29歳。2009年11月のデビュー戦は4回判定勝ち。身長170センチ、リーチ176センチ。計量体重51・5キロ。主なタイトルは、WPCバンタム級王座、フランスバンタム級王座。右ボクサーファイター。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ